業務用エアコンの更新時期

エアコン更新時期

 

業務用エアコン機器の老朽化、故障のほか、規制や法令なども空調更新を検討する大きな要因となります。

 

業務用エアコン機器更新の目安

  • エアコン故障

    ・故障のリスクが高くなる


    エアコンの心臓部である圧縮機は、10年を超えると故障率が上がります。
    突発的な修理費用がかかり困っているユーザー様は少なくありません。

  • エアコン部品

    ・部品の入手が難しくなる


    メーカー補修用部品の保有期間は製造打ち切り後9〜10年。※機種により異なります。
    年数が経つと部品が入手困難となり修理に時間を要したり、修理ができない場合があります。

  • エアコン経年劣化

    ・冷房、暖房の効きが悪くなる


    経年劣化、長年使用したことによる汚れの付着などによる能力低下で、 
    冷房・暖房の効きが悪くなり、快適性が損なわれている可能性があります。

  • エアコン古い

    ・最新の機器に対し効率が悪い


    最新の省エネ機種と約15年前の機器を比較すると、消費電力が70%程度削減されます。 空調更新時のイニシャルコストで懸念されるユーザー様もいらっしゃいますが、古い機器を使い続けるランニングコストも安いものではありません。

業務用エアコンの更新は10年〜15年が目安です。

原因の調査も行います!まずはお問合せください!!

業務用エアコンお問合わせ

お電話でもお問合せ承ります。 TEL 0120-8365-69